2019年鏡開き稽古会

 1月13日(日)大山倍達総裁が眠る東京・護国寺で新年最初の行事となる鏡開き稽古会が行なわれました。緑健児代表をはじめ、支部長、世界大会代表選手、他稽古生ら約200名が集まり、本堂で護摩供養、本年開催の世界大会の日本代表男女優勝、新極真会の発展を祈願して祈禱が行なわれ、その後は境内に場所を移し、基本稽古、奉納演武組手、奉納演武型が行われ、最後に参加者が順番に大山総裁の墓前に手を合わせて、世界大会イヤーの幕開けとなる鏡開き稽古会が終了しました。